So-net無料ブログ作成
検索選択

在りし日の三方湖 [写真]


数年前の夏の夕方、
ふと見上げると真っ赤に染まった夕焼けが目に入ってきて、
たまらずカメラを抱えて近くの湖へ

IMGP9458r_s.jpg

あの時、不満が残った写真を改めてRAWから起こしてみた
すこしはマシになったかな?

雲谷山さんぽ [野草ハンティング]

髪を切って身も心も爽やかになったところで、
(雨なのに)雲谷山へさんぽに行ってきました。

RIMG4069r_s.jpg
いつもの道
ショウジョウバカマも終わりかけ

RIMG4095r_s.jpg
ちょうどイワナシが盛りでした
小さなピンクの花がカワイイ
去年は一部の区間でしか見なかったのですが、
よく見ると第二駐車場までの道沿いのいたるところで咲いていました。

RIMG4098r_s.jpg
しずくがいいですね
雨の日も悪くない

RIMG4107r_s.jpg
ヒサカキ
こうしてみると上品な花ですね

RIMG4109r_s.jpg
避難小屋あたりまで来たところで雨脚が強くなり退散


雨で寒かったせいか、そんなに歩いていないのに帰ったら眠気が・・・
ちゃんと体力つけなくちゃ。

視線 [写真]


RIMG3981r_s.jpg

RIMG3982r_s.jpg

RIMG3990r_s.jpg

RIMG3998r_s.jpg


モノクロをメインで撮っていた時のことを意識してみた

2枚目と3枚目が好き
1枚目は意味不明
4枚目はホトケさまの「ぼ~」とした表情が捉えきれず


上から
・ドンコ
・ヌマエビ
・アカハライモリ
・ホトケドジョウ

野鳥のレストランに行ってきたよ! [自然]

cooperさんの記事で随分前に自分も野鳥を撮っていたことを思い出して慌ててアップする流れです。

場所は福井県自然保護センター
こちらで「野鳥のレストラン」が開店していたので、
野鳥初心者の僕でも近くから観察できるとあって行ってきました。

センターに着いた瞬間、職員の方から「アカゲラ来てるよ-」と声をかけてもらいました

_IGP2275r_s.jpg
真っ赤な帽子がお似合いですね

_IGP2312r_s.jpg
この日は一羽だけでしたが、二~三羽で喧嘩してることも有るとか何とか

_IGP2388r_s.jpg
コゲラ
1人無心で木をつつくその姿が印象的

_IGP2267r_s.jpg
カケス

_IGP2339r_s.jpg
こっち見んな!
そうそう、センターの屋外に撮影用の小屋が設けられており、
至近距離で狙えます
まぁ、もってるレンズが300mmなのでしれてますが・・・
これを自然の中で撮る野鳥ハンターの皆さんはすごいです

_IGP2428r_s.jpg
なんとか羽撃く姿を捉えようと頑張りましたが、

_IGP2463r_s.jpg
この辺が限界でした。


_IGP2525r_s.jpg
屋内からヤマガラを狙う

_IGP2521r_s.jpg
ねぇ君、あざとすぎない?

_IGP2536r_s.jpg
そして向日葵の種をパックンチョ

_IGP2512r_s.jpg
たまにダンシング

_IGP2623r_s.jpg
シジュウカラもいらっしゃいました
ぬいぐるみみたいで愛らしい


いやー、雪の降る中でしたが鳥達の行動が面白くてつい長居してしまいました。
これをお山でやっているバーダーさんはすごいですね。
次は僕もフィールドへ!


そうそう、センターには何組かご家族でいらっしゃっている方々が居られました。
年齢関係なく楽しめるっていいですね。
それと、カケスを見た子供さんが「カラスみたい~」と言っていて驚きました。
子供の観察眼ってすごいですね。
(カケスはスズメ目カラス科)

中池見でオウレン [野草ハンティング]

中池見でオウレンが咲き始めたと聞いて、
今年こそはまともな写真を撮るぞと挑んできました。

_IGP2729r_s.jpg
オウレン
見た目もかわいいですが、健胃の漢方にもなるすごいやつ!

_IGP2736r_s.jpg
見れば見るほど株毎に個性が豊かで観察が捗ります。

_IGP2737_g_s.jpg
くっ、爽やかなようなおどろおどろしいような

_IGP2748r_s.jpg
左の空白が気に食わない
でも、花を中心に添えるといつもの構図になる
う~ん

_IGP2785r_s.jpg
ちょっとテカりすぎか?
でもこの株はピンクの筋が入っててカワイイ
やっぱりオウレンを撮るのは難しいですね


さて、オウレンを撮って中池見を散歩していたところ

_IGP2777r_s.jpg
カワラタケかしら?と目をやると

_IGP2776r_s.jpg
切り株の隙間からエノキがこんにちは
やっぱりエノキだよね??
う~ん、こんなに身近な存在だったとは・・・


ほかにも散策中、
すれ違ったおじいさんに湿地のど真ん中で英会話を指導してもらったり、
自らを「ヌマンバ(沼ん婆)」というおばさんに会ったりしました。
中池見は本当に面白い場所です。


ちなみに、ヌマンバおばさんとの会話の一部がこちら

 おばさん 「あなたオウレン見た?」
 僕     「今日の目的はオウレンです!」
 おばさん 「あら~、若いのに変わった趣味なのね~。奥さん居ないでしょ!」

ほっとけ!
あと、花の名前が思い出せないからって僕の肩を何度も叩くのはやめて欲しい。


初対面でこれ
どうやらおじさんおばさんに好かれる体質のようです。


中池見の悲しい現状
⇒ 「北陸新幹線ルート変更で「トンボの楽園」がなくなる」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。